LandportロゴLandport愛甲郡愛川町プロジェクト

神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜台4031-1

野村不動産ロゴ

圏央道 相模原愛川ICから約3.8kmの高ロケーションと、保管効率を高め、雇用環境の充実を求めた施設設計
完成予想図

Outline

建物概要

完成予想CG
所在地

神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜台4031-1

Google Map で見る

交通 圏央道『相模原愛川』ICより約3.8km
JR相模原線『原当麻駅』より約4.5km
敷地面積 20,052.48㎡(6,065.88坪)
延床面積 37,667.84㎡(11,394.52坪)
規模 RCS造・耐震・地上5階建・
ビル型・1階両面接車バース(31台)
用途地域 工業専用地域
建蔽率 45%(法定60%)
容積率 200%(法定)
竣工 2023年1月下旬 (予定)
取引態様 貸主代理

Location/Access

神奈川主要エリア、及び首都圏広域配送が叶う物流拠点。

現地案内図

『(仮称)愛甲郡愛川町Project』は、相模原愛川IC・圏央厚木ICの利用が可能です。また、国道129号線を通り、下道でも相模原・橋本や国道246号線へアクセスできる物流拠点です。また、内陸工業団地内に所在し、安定した物流倉庫運営が行えます。

Google Map で見る

  • 出典:背景地図/地理院地図Vector
    広域図

    神奈川県内配送

    相模原愛川ICへ約3.8km、さらに海老名JCTは約16.2kmの距離に位置。一般道(国道129号、国道246号)も利用することで、神奈川県全域への配送が可能となる立地です。

    ※距離表示については、地図上の距離計測に基づいた概則距離となります。
    ※所要時間につきましては実際の交通状況や走行時間帯により誤差が生じる場合がございます。

  • 出典:背景地図/地理院地図Vector
    配送圏図

    首都圏広域配送

    神奈川県主要部と東京都西部を配送60分圏内に収める立地(※)。また、港や空港、東名高速を利用することによって全国への広域配送を望める拠点。

    ※配送圏内の範囲は地図上の距離計測およびルート検索に基づいたもので、交通状況や走行時間帯により誤差が生じる場合がございます。

Floor Plan

1階平面図

1階平面図

:トラック導線 :1F(西) :1F(東) :危険物倉庫(計画) :垂直搬送機将来対応(4台) :事務所 :荷物用EV
:垂直搬送機 :フォーク充電

※事務所面積は事務所専有を含みます。
※貸床面積は胴縁芯で算定しております。
※貸床面積は今後予告なく変更となる場合があります。
※開発中物件のため、仕様については、今後予告なく変更となる場合がございます。
※危険物倉庫(計画)については、本体倉庫竣工後の神奈川県内陸工業団地建築協定に基く所定の手続きが必要となります。

断面図

貸床面積表(坪)

事務所 倉庫部 トラックバース 合計
西 422.59 4,769.88 382.97 5,575.44
422.75 4,685.56 395.82 5,504.12
合計 845.34 9,455.44 778.78 11,079.56

※ご契約時は㎡での計算となります。
※事務所面積は事務所専有を含みます。
※貸床面積は胴縁芯で算定しております。
※貸床面積は今後予告なく変更となる場合があります。
※開発中物件のため、仕様については、今後予告なく変更となる場合がございます。

Special Facility

危険物倉庫(約300坪)を敷地内に設置検討。高い安全性で信頼できる施設を提供。

危険物倉庫 建築概要

類別(性質) 品名 性状 指定数量 指定数量の200倍
第4類
(引火性液体)
特殊引火物   50L 10,000L
第一石油類 非水溶性液体 200L 40,000L
水溶性液体 400L 80,000L
アルコール類   400L 80,000L
第二石油類 非水溶性液体 1,000L 200,000L
水溶性液体 2,000L 400,000L
第三石油類 非水溶性液体 2,000L 400,000L
水溶性液体 3,000L 600,000L
第四石油類   6,000L 1,200,000L
動植物油類   10,000L 2,000,000L

※貸床面積は胴縁芯で算定しております。
※貸床面積は今後予告なく変更となる場合があります。
※仕様については今後予告なく変更となる場合があります。
※掲載の危険物倉庫平面図につきましては計画段階の図面を基に描いたもので、今後予告なく変更となる場合があります。
※危険物倉庫の重量物用ラックは実装しておりません。
※危険物倉庫(計画)については、本体倉庫竣工後の神奈川県内陸工業団地建築協定に基く所定の手続きが必要となります。

Employment

高い労働力人口を有する恵まれた雇用環境

  • 事務所

    事務所 参考写真

    1階/2階の各フロアには事務所を設置。休憩室用途の個室とトイレも隣接して設置しました。

  • 休憩室

    2Fカフェテリアイメージ

    食事や休憩以外に打ち合わせや商談スペースとしても利用可能な個室を設置しました。

    ※什器はテナント様にて設置をお願いします。

  • 作業用空調設備を導入

    作業用空調イメージ

    1階を除く倉庫フロアに作業用空調を完備し、原状回復費・メンテナンスコストフリーで快適な労働環境を提供します。

  • セキュリティ

    ICカードセキュリティイメージ
  • 防災備蓄倉庫

    防災備蓄イメージ

    ※防災備蓄品は除く。

  • 人感照明

    人感照明イメージ

※掲載の完成予想CGにつきましては計画段階の図面を基に描いたもので、今後予告なく変更となる場合があります。